募集内容

旬な税務・会計情報~平成30年11月号~

 

 *年末調整の時期がやってきました~平成30年度は配偶者控除及び配偶者特別控除の改正があります

1.年末調整について

  年末調整とは、給与所得者の年間の所得税額を精算する手続きで、勤務先の経理担当者が行う

 作業となっております。初めて行う方も、慣れているベテランの方も年に一度の作業となる為

 注意しながら進めていく必要があります。主に今の時期に行うべき事項は下記の通りです。

 ①扶養控除等申告書(H30.1月回収分)を社員へ渡し、扶養の異動等が無いか確認する。

 ②配偶者控除等申告書を社員へ渡し、配偶者の本年中の所得(見積額)の確認を行う。

 ③保険料控除等申告書を社員へ渡し、生命保険料控除証明書を見ながら記載して頂く。

  年末調整は、「本年最後の給与支給日に行う」事となっております。よって、一般的には

 12月に支給する給与(11月末締めの場合、11月分)又はその後に賞与を支給する場合は賞与

 支給日に行う事となりますので、資料収集についてはなるべく早く取り組む事が重要です。


2.平成30年度の改正(配偶者控除及び配偶者特別控除)の改正について

  世間的にも注目された改正です。平成30年度より、配偶者特別控除で38万円の上限の適用が

 受けられる範囲の配偶者の年収上限額が150万円まで引き上げされ、かつ本人の年収制限等が

 出てきております。また、控除の種類も、厳密に言うと配偶者控除ではなく配偶者特別控除による

 控除となる可能性も出てきます。詳細は当事務所の11/27開催の年末調整セミナーにて解説を行い

 ますが、TKC給与計算システムへ「正しい情報」かつ「必要な情報」を正確に入力する事で年末調整の

 事務手続きはスムーズに進みます。ぜひこの度のセミナーにはご参加をお願い致します。

 ※配偶者の年収上限額が引き上げられましたが、一定額を超えると配偶者本人に所得税がかかる

 事があり、また社会保険料の負担も発生する事があります。担当者へ気になる点はご相談下さい。

 

    ○会計・税務・資金繰りでお困りの方がいらっしゃいましたら、ご紹介下さい。