募集内容

旬な税務・会計情報~平成30年9月号~

 

 Ⅰ.TKCモニタリング情報サービス~決算書、月次試算表の金融機関への提出を「紙」で出していませんか?~


 〇TKCモニタリング情報サービスについて

 ・企業のほとんどは、決算が終了すると借入金等がある金融機関へ「決算書」を提出している

 と思われます。その決算書の提出について、従来は決算書をコピーし、「紙」で提出していた

 ものが、現在は「インターネット経由にて電子で提出」する事が可能となっております。

 パターン1.決算が終了し、決算書を金融機関へ提出する場合

  従来:①決算申告作業、税務署提出完了 → ②税理士事務所より決算書受取 → ③銀行提出

  今後:①決算申告作業、税務署提出完了と同時に銀子へ電子データにて決算書提出完了!

 上記のように、税理士事務所から決算書を受け取る事を待たずに、当税理士事務所において

 電子申告を行ったタイミングと同時に金融機関へ提出が行われるため、非常にスピーディです。

 紙で出す場合と比較し、提出が早まるほか、書面の紛失リスクや事務負担軽減効果があります。

 パターン2.月次決算が終了し、月次試算表を金融機関へ提出する場合

  従来:①税理士事務所の月次監査 → ②月次試算表を出力、銀行へ提出

  今後:①税理士事務所の月次監査時に電子データが作成され、銀行へ提出

 税理士事務所の月次監査後の試算表を即座に銀行へ提出可能となり、早期化、提出漏れ防止になります。

 〇TKCTKCモニタリング情報サービス その注意点等

 ①当サービスをご利用になる前に、「事前同意書」の説明を受け、同意していただく必要があります。

 ②H30.9/3時点の対応金融機関は全国356機関にのぼり、県内では3金融機関(随時増加予定)が対応可能です。

 ③決算書提出の場合、決算書のほか経営計画書や中小会計要領チェックリスト等の添付も可能です。

 ④今後は、対応している金融機関からは当サービスによる提出を促される場合があります。

 

    ○会計・税務・資金繰りでお困りの方がいらっしゃいましたら、ご紹介下さい。